企業の社會責任の主體は社員を中核とすることです。

晨風グループは50年間ずっと服裝製造に専念してきました。50年間の専念発展はアパレル産業は伝統産業ではあるが、民生産業でもあることを固く信じさせました。
アパレル産業は暖かく、気持ちいい服裝體験の基礎工業ではあるが、それよりもっと重要なのはそれが美意識を率いてトレンドを作るファッションアイディア産業です。

「社員は企業の一番大事な財産である」は晨風の発展プロセスを貫く中核的なコンセプトです。企業はかなり大きい注意力を払って社員の地位、給料と満足感を考えなければなりません。企業文化をモットーにし、調和の取れた労働関係を構築し続け、優秀な社員チームを培うことは晨風の長期的かつ安定的な発展を保障する內部からの原動力です。晨風グループは社員の利益に注目し、民主管理を推進し、社員に働きやすい職場雰囲気と発展環境を作ります。エネルギー、水資源、健康安全、廃棄物は企業の持続可能な発展を制限する主な原因です。そのため、我々はいま全力的にそれを改善しようとしていて、企業內部の持続可能な発展を実現させています。

慈善を切り口とし、プラットフォームを紐帯とし、企業外部の社會責任を果たします。

晨風グループは自分を発展させると同時に、社會的弱者層にも注目し、積極的に企業の社會責任を果たし、慈善事業に取り込み、紡績アパレル業界の発展にささやかな力を捧げます。
業界機関に商品展示、研修交流のプラットフォームを無料で提供し、國內外の高等教育機関の紡績アパレル専攻の學生と創業する學生、ブランドメーカー、プロバイダーなどの各級の管理者および新入社員に実踐研修を提供し、業界交流を促し、業界の人材を育成します。
業社會責任は長いプロセスです。企業社會責任は準則でも企業が自分を犠牲にすることでやることでもなく、それは企業の核心能力で社會問題を解決することと社會価値を作り出すことです。

労資安全/環境太陽エネルギー/健康/省エネ/內部研修

大象焦依人在现在线9